中古車専門店で売買をする際の流れをご紹介

中古車は信頼できる専門店にまかせるべき!

車の売買は大変だけど、専門的で詳しい人に任せれば安心!

自分が買う中古車の条件とは?

自分に合った良い車を買うときには、自分の住んでいる地域に専門店があるかどうか調べておくことから始めましょう。
そこから視野が広がって新しい情報などが手に入ることがあるからです。
専門店が決まったら、お店を訪れる前に一本の電話をすることをおススメします。
事前に、自分がどんな車を買いたいのかを伝えておけば、お店の人も条件にあった良い車を調べて探してくれるからです。

ですが、車にあまり詳しくないし最低限の条件として何を知っておくべきなのか分からなくて不安な人もいると思います。
次に紹介するのは、そんな最低限として知っておくべきポイントを確認していきましょう。
1.走行距離の基準
2.年式の基準
3.車検の有無
4.保証制度の有無
この4つをメインに条件として車を探すことによって、購入した後でもトラブルを防ぐことは出来ます。

最後の最後で本当に大丈夫か最終確認

ある程度、自分の条件にあった車を探すことが出来たら、購入する前に最後の確認をしてください。
本当に、この車を買って大丈夫なのか・実はリスクのある中古車なのではないか・保証制度はしっかりしているか、などです。
各個人でそれぞれ確認する内容・項目は違うとは思います。
しかし、せっかく車を買うのですから最後まで気を抜かずチェックをしてみてください。
たまに、契約書の項目を見落としてしまってトラブルに繋がったというケースは多いですし、リスクのある中古車である「修復歴車」・「水没車」・「塩害車・雪害車」を購入してしまったと後から気づくというケースもあります。
そうなってしまったらもう遅いですし、必ず後悔してしまいますので、必ず分からないことがあったら質問してください。
途中で不安になってしまったら、専門店を変えてみるのも1つの手です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る